• HOME
  • >
  • ワシントン村

ワシントン村航空写真
航空写真
 (パンフレットより)

現在の状況

第6期販売中
(宅地のみで、住宅メーカーは大阪ガス住宅設備(株)、セルコホーム(株)、三井ホーム(株)の3社から選択)

概要と特徴

名称:「神戸三田」国際公園都市カルチャータウンワシントン村
 
兵庫県が米国ワシントン州と提携して開発した住宅地。
・電線の地中化
・クルドサックの導入
・建物前面の広い芝生
などアメリカの住宅地を彷彿させる。何より1区画の敷地が平均150坪以上あり、ゆとりと解放感を感じさせる。
 

 

コメント

第1期の住宅街はワシントン州シアトル近郊にある住宅を忠実に再現して建てられたため、完成後約20年経ち、周辺の木々の成熟もあって、住宅のヴィンテージと言えるような味わいを見せている。そのため周辺にある一般的な従来型住宅地の住宅と異なり、中古住宅の人気も高く維持されているようだ。

日本の戸建住宅は20年経つと一般的に建物の評価がゼロになり、土地だけの価値になるが、ここでは住んでいる人々のメンテナンスも良く、建物の価値が保たれている。

若干、残念なのは2期工事で建てられた住宅の中には北米住宅のクラシックデザインを理解されてないのか、デザインを改悪してしまった事例があるのは残念です。但し、3期工事以降に建てられた住宅は概ね元のデザインに戻っているので、2期の反省を元に修正したのでしょう。